側弯症について

側弯症の原因

側弯症は一般的に女子に多く見られ、発生頻度は1~2%と言われています。

原因はさまざまありますが、全側弯症の80~90%は突発性側弯症で遺伝的要素はあるものの原因に至っては不明とされています。

側弯症を分けると、機能性構築性の2種類に分かれます。まず機能性とはどのようなものかといえば、外的要因による変形になります。例えば、普段から姿勢が悪い場合には背骨の部分が曲がってしまいこれが原因で痛みが伴うことがあります。

もう一つは、椎間板ヘルニアと呼ばれるもので骨と骨の間にある軟骨の部分が擦り減ってしまい、その一部がもともとあった場所からずれます。そして、すぐ横にある神経を圧迫するようになるとこの状態になります。さらには、人間の骨盤が傾斜してしまう場合にも起こり得るものと言えるでしょう。

これに対して、構築性のものは背骨に異常がある場合になります。ただ、原因不明の可能性が高く、先天性によるものや脳性小児マヒによるものが考えられますが、原因に至っては不明な点がまだまだ沢山あるようです。

側弯症の分類

側弯症は2つに分類されます。特発性側弯症は「構築性側弯症」、こちらは名前の通り構造上の問題があるために背骨を真っ直ぐに直すことは難しいです。

もう1つは「機能性側弯症」、これは生活習慣や姿勢の悪さから生じる側弯といわれています。

側弯症の対策

では、どのように対策をしたらよいかといえば、構築性に関しては自然治癒する可能性はあまり多くありません。どちらかといえば、治療して適正な形に補正しながら元の状態に戻していくことになります。

一方で、機能性によるものは、背筋を伸ばして座ったり正しい姿勢で歩くことにより元に戻る可能性があるでしょう。子供の場合、成長が終わることにより元通りになる可能性もありますが、大人になるとそのまま放置しておいても元通りになる可能性は少ないでしょう。

遺伝的な部分があるともいわれていますが、まだはっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

側弯症でお困りなら広瀬接骨院へ

当院では「機能性側弯症」の施術を行っています。
沢山の方々を施術してきましたが、「側弯症」にお悩みの方ほぼ100%の方に「骨盤のゆがみ」が見られます。

背骨が伸びる土台となる「骨盤」がズレていれば当然背骨は「真っ直ぐ頭に向かって伸びて行くことは不可能」ですね。

そしてもう1つ、側弯を起こしている部位の周辺筋肉が異常に硬くなっている方もいらっしゃいます。これはマッサージでとれるものではありません。骨盤の矯正と共に当院オリジナルの手技で硬くなった筋肉を緩めます。

その他、姿勢の悪さや下肢脚長差(左右の足の長さが違うこと。)どこかに痛みを抱えていて側弯になってしまったものを骨盤や背骨・肩甲骨・股関節などを矯正することにより側弯を起こしている原因を取り除き改善を目指します。

側弯症でお悩みの方、放置しても良いことはひとつもありません、今すぐご予約下さい。

ご予約はお気軽にお問合せください

LINE@でもご予約いただけます。

お問い合わせは027-263-8881

オンライン予約はこちらから