柱管狭窄症について

脊柱管とは神経が背骨の中を通るトンネルです。そこが椎間板の加齢による変化や労働または靭帯や背骨の変化によって狭くなるほか、背骨のずれ(すべり症や椎間板ヘルニア)により神経を圧迫して起こります。

背骨のS字カーブが崩れるのは、加齢や疲労、個人のクセなどにより、姿勢が崩れるからです。脊柱管狭窄症の最も大きな原因は「悪い姿勢」だと言って良いでしょう。

スマホやパソコンを長時間使っていると、猫背やストレートネック(首のカーブがまっすぐになった状態)になりやすくなります。現代人の生活習慣が、狭窄症患者を増やしているのは間違いありません。

脊柱管狭窄の原因

脊柱管狭窄の原因はいくつかありますが、一番多い原因としては加齢から来る脊柱管狭窄が多くなります。年齢を重ねる毎に脊柱管狭窄は起こりやすくなります

歳を取ると徐々に脊柱管が狭くなって圧迫されるようになるので、脊柱管狭窄が起こってしまうため、注意が必要です。脊柱管狭窄になると歩くのも困難になりますので、違和感を感じた場合には早めに病院に受診をする事が大切です。

加齢以外の原因としては、先天性で脊柱管狭窄になる場合もあります。先天性の場合は加齢に比べると稀になります。更に脊柱管狭窄の原因は、外傷が起きた場合にも発生します。

事故などで神経が圧迫されてしまい、脊柱管狭窄になることもありますので、注意が必要です。

早めの処置が必要

異常が認められた場合は、早めに処置をすることで痛みを軽減されることが可能です。そのまま放置しておくと徐々に歩くことも困難になってきますので、注意が必要です。

主に加齢による原因が多い病気にはなりますが、加齢以外にも原因はありますので、痛みを感じた場合には原因を考える必要があります。原因によって処置をする方法も変わってきます。

普段から生活に気をつける事で、防ぐことが出来る病気にもなります。姿勢が悪いと脊柱管を圧迫してしまい、病気になる可能性が高まりますので、姿勢を正す事も大切です。歩く時や座る時に圧迫をしないようにすると、歳をとっても脊柱管を綺麗に維持することが出来ます。

柱管狭窄症でお困りなら広瀬接骨院へ

脊柱管狭窄症を3,000人以上診察した

清水整形外科クリニック院長 清水伸一医師によると

“ここから引用”

背骨のS字カーブが崩れるのは、加齢や疲労、個人のクセなどにより、姿勢が崩れるからです。脊柱管狭窄症の最も大きな原因は「悪い姿勢」だと言って良いでしょう。

スマホやパソコンを長時間使っていると、猫背やストレートネック(首のカーブがまっすぐになった状態)になりやすくなります。現代人の生活習慣が、狭窄症患者を増やしているのは間違いありません。

“ここまで引用”

脊柱管狭窄症ひろば

著者:清水整形外科クリニック院長 清水伸一医師

これらのことから広瀬接骨院ではまず「姿勢」を崩す原因となっているS字カーブを作るため骨盤矯正・背骨・肩甲骨などの調整を行い姿勢を正常化させます。

ご予約はお気軽にお問合せください

LINE@でもご予約いただけます。

お問い合わせは027-263-8881

オンライン予約はこちらから