「 産後骨盤矯正 」一覧

産後骨盤矯正 いつから

今日は非常に多くの質問を頂いてる「産後骨盤矯正はいつからやった方が良いのか?」についてお答えしますね。

産後骨盤矯正はいつから行うのが良いか?

広瀬接骨院は4年前まで「産後骨盤矯正は出産後2ヶ月」から行ってきましたが、数多くのお客様に触れさせていただき、テクニックもどんどん向上して行きました。

 

その結果今では「出産後1ヶ月」で行うことが可能です。とご案内しています。

但し産後1ヶ月の骨盤は想像以上に「グラグラ」なので確かなテクニックが必要となるのはいうまでもありません。

骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」は全くの別物です。

 

これは覚えて欲しいのですが「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」は全くの別物です。

通常骨盤矯正」と言うのは骨盤がゆがむ事で「姿勢が原因となり発生した肩こりや腰痛・頭痛など様々な不調」に対処するものです。

 

対して「産後骨盤矯正」とは出産に伴い開いてしまった骨盤が起こす「恥骨痛や骨盤底筋が緩む事による尿漏れ・股関節痛」などの事を言います。

 

この2つは似て非なるもの

触る筋肉も違えば、圧の入れ方・関節を動かす方向全く違うのです。

 

笑えない話しですが、「産後骨盤矯正」を受けたつもりが通常の骨盤矯正だった。とお客様から聞いた事がありました。

 

もしあなたが「産後骨盤矯正」を受けたいとお思いでしたら「広瀬接骨院」に是非おいで下さい。出産後の大変なお身体をしっかりしたテクニックで改善に導きます。

産後骨盤矯正の記事はこちらです。→産後の骨盤矯正

産後の腰痛にお悩みの方→産後の腰痛


産後の腰痛

産後のママさんはこんな症状に悩まされていませんか?

✳産前は腰痛を感じたことが無かったが、産後から腰痛が起きている

 

✳1人目の時には大丈夫だったが、出産を重ねるごとに腰痛が出る様になった

 

✳元々腰痛もちだったが産後からひどくなった

 

✳妊娠中からずっと腰が痛い


もし一つでも当てはまるものがある方は要注意です。

何が要注意なのか、順番に説明していきます。

まずは産後の骨盤の状態からいきましょう!

 

産後の骨盤はどうなっているの?

 

骨盤は1つの骨で構成されているものではなく、左右の寛骨と仙骨、それに尾骨の3つの骨で出来ていてそれぞれの骨は関節し、引き締まっています。

 

 

その骨達は通常関節になりくっついているのですが、妊娠中から卵巣より出る「リラキシン」という女性ホルモンが身体の全体に渡り作用します。

 

「リラキシン」は関節を広げる役割を持つホルモンで、出産時には赤ちゃんが出やすくなる為の産道を作ってくれるので、妊娠・出産にとってとても大切なホルモンです。

 

そのホルモンの作用により、骨盤を構成している関節は緩み産後の骨盤は広がるのです。

 

ちなみにこのリラキシンは自然分娩だけでなく、帝王切開の方でも出るホルモンなので、ママさんは皆さん共通して分泌されています!

 

産後の腰痛はなぜ起こるの?

 産後の腰痛が出る理由としてはこのようなことが挙げられます。

 

✳妊娠中お腹は前に飛び出るので腰を大きく反った姿勢になっている事

✳リラキシンにより関節が緩んだ結果骨盤は安定せず、支える筋肉への負担が大きい事

✳妊娠前に比べて筋力が大きく減っている事

 

妊娠中の姿勢はお体にとってとても負担のかかる反り腰の状態になります。

 

その際に腰に違和感や痛みが出る

方もいますが、その状態の姿勢が癖になっていて出産後もそのままだと腰痛の出やすい状態になってしまいます。

上の文でもお話しました、関節を緩める作用のリラキシンが全身に出ると骨盤の関節も緩み、ぐらぐらの状態を支えるので妊娠前に比べて筋肉や靭帯の負担がとても大きくなります。

 

さらに妊娠中お腹が大きくなるにつれて腹筋が伸ばされていってしまう事や、お腹の中のお子さんが成長するのに合わせてママさんの骨盤も広がることで骨盤底筋という骨盤の安定させたり尿漏れを我慢する作用のある筋肉も伸び、産前よりも筋肉の収縮力が無くなることで体のバランスがとりずらく不安定になってしまいます。

 

この様にさまざまなお身体の変化が起きながらバランスをとろうとするので、産後に腰痛が出やすくなってくるのです。

 

腰痛を改善する為には何をしたらいいの?

 

腰痛の出るメカニズムは上の文でご説明しました。では自分で出来ることは何かをご紹介します。

 

1つ目はストレッチです。

妊娠中、身体を動かす事に制限がかかっている分ママさんのお身体は柔軟性が徐々に悪くなっています。

柔軟性が悪くなると筋肉は固くなり血流も悪くなるのでむくみや疲れ方にも変化が出ます。

それを改善する為にまずはお身体の柔軟性をだしましょう。

 

2つ目は筋力トレーニングです。

特にしてもらいたい部分はインナーマッスルで、その一つとして上でもお話した骨盤底筋の筋力アップをさせる事がオススメです。

この筋力をつける事で腰痛の改善にも繋がりますし、産後のママさんにお悩みで多くある尿漏れの改善にもとても効果的です。

 

自分じゃどうにも出来ない場合は?

 

そうはいっても育児が大変でなかなか時間をつくれないという方や、歪みが強いと感じる方、1人でやるのでは不安があるという方に広瀬接骨院・整体院に今すぐご連絡を!

 

 


託児所のある接骨院・整体院をお探しですか?

こんにちは!
広瀬接骨院の伊藤です。

美容室であっても接骨院であっても、「行く前にお子さんの預かり所があるかどうかを調べてからじゃないと行けないんだよね〜」と患者さんとのお話でよく出ますが、託児の体制が整っている所はとっても少ないですよね。

 

「産後の骨盤矯正を受けたいけど子供が・・・」と言うママさん、託児所のある接骨院や整体院はないか探していませんか?

 

広瀬接骨院・整体院では託児は国家資格を持った保育士もしくは育児経験のある女性スタッフがが対応しております。

 

更に男性の方に体を触られるのはちょっと抵抗があるという方や、どういう人が施術に入るのか不安だという方はぜひスタッフ紹介をご覧下さい!
下のURLをクリックするととべますよ〜(^ω^)

広瀬接骨院スタッフ紹介

 

広瀬接骨院・整体院ってどんなところ?って思いますよね。

 

そんな方には是非広瀬接骨院の口コミをご覧頂きたいです。

 

当院に通っている産後のママさんから生の声が見られるので是非見てみて下さいね( ˆoˆ )/

(実は自慢なのですが、前橋市で1番、群馬県で2番目と多くの口コミを頂いています。)

広瀬接骨院エキテン口コミ

 

前橋の広瀬接骨院では産後骨盤矯正の施術を担当するスタッフは基本女性スタッフなので、男性には言いづらい様なお悩みがあっても気兼ねなく伝えやすい空間になるかなと思います。

 

 

「ウチの子人見知りが激しくて。。。ママの抱っこじゃないと泣いてしまうんです。」と言うママさん。

 

託児のある時間帯に来院している患者さんは産後のママさんが多いので、大泣きしても気になさらない方ばかりです。

 

私も施術に入っている時に聞こえる元気な声が日に日に大きくなって来るのを感じ、「腹筋がついてきたね〜」「声が赤ちやんから大人になってきたね!」など、感じた事をママさんと話しながら成長するお子さんを楽しみにしています(笑)

 

ママさんばかりの空間なので、周りの方を気にせず施術をうけることが出来るのは当院ならでは!
お子さんと一緒に来たいという方もぜひご来院くださいね!

作成者-柔道整復師 広瀬接骨院 伊藤真莉奈(いとう まりな)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

群馬県前橋市の腰痛
むち打ち専門接骨院


【広瀬接骨院】
 完全予約制

 

371-0812 群馬県前橋市広瀬町2-10-1
☎027-263-8881

【月~金】
9:00~12:00 15:00~19:30

(※但し自賠責保険を用いての患者様は20:00まで 完全予約です。)

 【土】
9:00~12:00
 【土曜午後・日・祝】休診

※予約・お問い合わせは上記の時間内にお願いします。

 

前橋市 広瀬接骨院の公式HPはコチラ

前橋市 広瀬接骨院の交通事故専門Hpはこちら

前橋市口コミ1位の広瀬接骨院のエキテンサイトはコチラ 

ママに優しい産後骨盤矯正院・産後骨盤認定矯正院 広瀬接骨院 ママテンはこちら