産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

広瀬接骨院では「腰痛・むち打ち」を専門とした施術を行っていますが、「産後に特化した骨盤矯正」を取り入れ多くのママさんにも喜ばれています。

「産後の腰痛」や「骨盤の歪み」を訴える患者さんは、余りにも多くいらっしゃいます。

命を掛け過酷な出産をされたママさんの「骨盤」は、弱っておりますので、労わってあげる必要があります。

こちらの「骨盤矯正」ページも読まれています。

産後骨盤矯正の必要性について

骨盤は、体の重心の位置で、私たちの体重と姿勢を支える重要な役割を持っています。

しかし、そんな大切な骨盤は、産後に大きく歪んでしまうことがあるのです。

このページでは、産後の骨盤の歪みがもたらす様々な問題についてお話をしましょう。

男性と女性の骨盤を比べると、女性の方が中央の孔が広くなっています。この孔が出産時の赤ちゃんの通り道になっており、さらに出産時には、 骨盤は赤ちゃんの頭が通りやすいように、リラキシンと言うホルモンが、骨と骨の接合部分を緩めて、少し外側に広がります。

赤ちゃんが無事に生まれた後、骨盤は半年から1年をかけてゆっくりと、
元の位置に締まっていき、硬さを取り戻していきます。

出産後は骨盤が歪みやすい。

出産後に骨盤が元の位置と硬さに戻るまで、ある程度の時間がかかります。

出産の直後には、骨盤は緩んだまま、広がった状態になっています。

骨盤が固まるまでの間、ベッドで安静にしていられれば良いのですが、体力もある程度回復して動けるようになれば、退院して育児や家事に日々動き回ることになります。

広瀬接骨院では産後1ヶ月は「赤ちゃんより重いモノは持たないで!」とお願いをしています。

産後1ヶ月以内の骨盤は皆さんの想像以上にグラグラです。その状態で骨盤に負担を掛けてしまうので、後々骨盤の歪みを残してゆく事となります。

「床上げ」と言う言葉をご存知でしょうか?

産後1ヶ月を目途に徐々に家事に復帰していくという先人が築いた、日本の素晴らしい風習ですが、なかなかそうも言っていられる状況ではない方も、沢山いらっしゃいます。

最近では、数か月後に職場に復帰するというケースもあるでしょう。 

忙しいお母さん上半身 山積み

この様に、骨盤が締まりきっていない間に力が加わると、歪んだまま固まってしまうことがあります。

これが、産後の骨盤の歪みとなって、その後の様々な体の不調を引き起こすのです。

骨盤の歪みがもたらす体の不調  

産後の骨盤の歪みをそのままにしておくと、体にさまざまな不調を引き起こします。

腰に痛みを感じる

201474522132
骨盤が歪むことで、腰回りや足の付け根部分に痛みが現れることがあります。

これは、骨盤が歪むことで、その周囲を走っている神経が骨盤に触れたり、圧迫されたりして起こり特に、出産前はなかった痛みが、出産後に生じるようになった場合は、出産による骨盤の歪みが原因である可能性が高くなります。

胃腸の働きが悪くなる

骨盤が広がったままになってしまうと、胃や腸などの内臓が下がって胃腸の働きが悪くなることがあります。

うまく動けなくなることで、内臓が冷えたり胃がもたれやすくなったり、便秘になりやすくなったりといったことが起こります。

血流が悪くなる

201477808012骨盤周辺には、太ももから足先に向けて血流を送るための重要な血管が沢山走っています。

骨盤の歪みは、これらの血管の血流に少なからず影響を与えます。

血流が滞ると、代謝が悪くなって腰周りや太ももに脂肪が溜まり易くなります。これがいわゆる「産後太り」の正体で、腰周りや足先の冷え性の原因になったりします。

自律神経の働きが乱れる

201473284077骨盤の歪みが、姿勢を歪めたりや血流・代謝を悪くしたりすることで、自律神経の働きが乱れてしまうことがあります。

自律神経は、体温や食欲、睡眠など、体の無意識な調節を全て行っている器官です。

自律神経がうまく働くことは、私たちが毎日を健康的に送るうえで不可欠です。
しかし、自律神経の働きが乱れてしまうと、十分寝ているのに体がだるかったり、 のぼせやほてりを感じたりします。

時には、精神的に緊張が続く、わけもなく不安を感じるなど、情緒不安定の原因になることもあるのです。

お尻が横に広がって大きくなる

やはり女性の気になる部分ですね。
通常骨盤は下の右のレントゲン写真のように三角形の中に収まります。

この状態の「お尻」は横に広がらず「キュッ!」と閉まったカッコいいお尻になりますが、左の写真のように骨盤の開きが大きいと、横に広がった四角い「お尻」となってしまいます。

骨盤が閉じ切らずに広がった状態のままですと、当然お尻も横に大きくなりいずれ垂れた状態になってしまいますので、美容の面からも産後の骨盤矯正は大変意味のある事なのです。

三角四角骨盤↑クリックお尻比較

尿漏れ

201477823189これにお悩みの方は本当に切実です。

産後の10~20%の方に起こると言われる「尿漏れ」、数年経っても何かの勢いでおなかに力が入ると漏れてしまうということが続いてしまいます。

これは、骨盤が開いてしまったことで、おしっこの蛇口の役目をする「骨盤底筋」が緩んでしまい起こります。

こう言った事例も骨盤を正しい位置・形に戻すことで改善が期待できます。お1人で悩まずご相談下さい。

歪みを正す産後の骨盤矯正
上記のようなさまざまな不調は、産後のお母さんの心と体を蝕み、赤ちゃんとの幸せな暮らしに暗い影を落としてしまいます。
それを防ぐことができるのが、骨盤矯正です。

昨今骨盤矯正と謳う治療院が増えてきましたが、広瀬接骨院では腰痛治療の手技として

20年も前から行っていた手技ですので、安心して受けて頂く事が出来ます。 (当然その頃より手技は、はるかに進化しています笑))

骨盤矯正は、骨盤がまだ柔らかい時期から、骨盤が正しい位置に戻るのを助けるための方法です。

出産後の骨盤の歪みを正し、体の不調を引き起こさないためには、出産後のできるだけ 早い時期(当院では産後1ヶ月後)より骨盤矯正を行う事を推奨しています。

矯正の方法は、ベルトを巻いたり、姿勢や運動に注意したりといった自宅でできる方法もたくさん紹介されていますが、一番安心できるのは、確かな知識と技術を持った専門家による施術を受けることです。

1000人を超える産後骨盤を矯正してきた経験から申しますと、産後の骨盤は本当にグラグラでテクニック的にもかなり高度なレベルが要求されます。

産後骨盤矯正を始めたころはそれほど感じなかったのですが、経験値が上がるごとにその危うい産後骨盤の状態にあらためて高度なテクニックを求められると感じています。

201476061197ハッキリ申し上げますと確かに「骨盤矯正」と名前が同じなので混同するかもしれませんが、一般的に言われている骨盤矯正とは全く違うモノと思って頂いて結構です。
 

そう言った事がキチンと理解されている先生のもとで、出産と言う過酷なお仕事をした骨盤を是非ともいたわってあげて下さいね。

広瀬接骨院では、骨盤の歪みを正す事により背骨の歪みも無くなり、人間の持つ自然治癒力を最大限まで高めることを目的とした治療法で安全・安心な施術法です。     

腰痛治療のスペシャリストとして24年の実績を持つ広瀬接骨院だからこそ出来る、産後に生じるさまざまなお悩みに対して総合的なサポートを行うことができます。

広瀬接骨院は ママのための「産後骨盤矯正専門院」として全国のプロを認定している「ままテン」に認定を受けているため安心して施術が受けられます。

産後のお体でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

silver_250px.fw

産後骨盤矯正をお受けになった
お客様の声を頂きました。

☆Y・Iさんありがとうございます☆

☆M・Aさんありがとうございます☆

☆Y・Uさんありがとうございます☆

☆K・Cさんありがとうございます☆

☆N・Kさんありがとうございます☆

お問い合わせは027-263-8881

オンライン予約はこちらから