ヘルニア

ヘルニアはなぜ起こるのでしょうか?

hel01答えはシンプルです。

姿勢が悪いため、背骨や骨盤といった骨に歪みが発生しているからです。

人間の身体には当たり前ですが背骨があります。 この背骨は、本来であればお腹側に向かってカーブが付いています。
hel02

ところが写真「B」の様な、猫背と言われる姿勢だと腰のカーブは無くなり、背中側が丸くなってしまっています。背骨のカーブは実は身体にとって非常に重要な役割を果たしています。

この背骨のカーブは身体にかかる衝撃を和らげるクッションの働きや、腰の動き(曲げる・伸ばす・ねじる)をサポートする役割を持っています。

ところがこの背骨のカーブが無くなると(またはカーブが強すぎると)、骨と骨の間にある「椎間板」というクッションに過剰な負担をかかってしまいます。

hel03その結果、「椎間板」が飛び出してしまい、それが神経などに触れることで激痛を引き起こします。

レントゲンの左側の写真で椎間板が飛び出ているのがわかると思います。

このようにして腰椎椎間板ヘルニアは起こります。ヘルニアの原因は、最初にもお伝えしましたが姿勢が悪いことによって背骨のカーブが正常ではなくなってしまうこと、そしてそれは背骨や骨盤が歪んでしまっていることが関係しています。

helnoa

ヘルニアの痛みが治らない・悪化する理由

大事なことなので何回もお伝えしますが、ヘルニアは背骨や骨盤が歪んでしまって姿勢が悪くなっていることが原因です。

hel04原因や背骨や骨盤の歪みなのにも関わらず、湿布や電気治療、鎮痛剤などその場しのぎの治療を受けている患者様が大変多く、その時は痛みが取れてもまたすぐ痛みが再発や悪化するケースをよく耳にします。

病院に行って長期間治療を行っているのに、ヘルニアがなかなか改善しないのは 原因である背骨や骨盤に直接アプローチしていないからということが わかっていただけたのではないでしょうか?

まずは、しっかりと背骨と骨盤の歪みを正して根本原因の改善を行いましょう。

helnoa

前橋市 広瀬接骨院のヘルニアの治療法は?
広瀬接骨院のヘルニアへの治療法をお伝えする前にまずはこちらをご覧ください。

hel05

これは、厚生労働省が出している現代の腰痛に対する考え方です。 簡単に内容をお伝えすると、ヘルニアと病院で診断されたが 今起こっているその腰の痛みは本当にヘルニアが原因の痛みとは言い切れないということです。

たとえ腰痛が起こっていなくても、「変形・椎間板の詰まり、ずれ、ヘルニア、分離症」の 少なくともどれか一つは持っているものなのです。 だから、病院でヘルニアだと診断されても悲観することはありません。

当院では、今の起こっている腰痛が何が原因で起こっているのかしっかりと分析させていただき 最も最適な治療法をご提案させていただきます。多くの方は、やはり日頃の姿勢が悪いため、背骨や骨盤が歪み、腰に過度の負担がかかっていて腰痛になられています。

そういう方には、骨盤矯正を行って、背骨や骨盤を正しい位置に戻す施術を行います。 また、背骨や骨盤周囲の筋肉の緊張をとるための施術も合わせて行っていきます。 

このような治療を行うことで、日常から正しい姿勢で生活することができ、痛みとは無縁な身体を作っていくことが可能です。

ヘルニアや腰痛でお悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

お問い合わせは027-263-8881
オンライン予約はこちらから