肩の痛み(40肩・50肩)

こんにちは広瀬接骨院の須田です。

最近肩が痛くて来院される方が多いのですが皆さんとても姿勢が崩れているんですよね。
広瀬接骨院だと姿勢についてとても深く患者さんにお伝えしているのですが・・・

四十・五十肩は医学的には肩関節周囲炎と呼ばれる傷病で、突然何の前触れもなく鋭い痛みや肩が挙がらない、後ろで手が組めないなどの症状が発生し発症する年齢により、四十肩、五十肩と呼び分けされています。

レントゲンを取ると「石灰沈着」が見られるケースもあります。

「健康を提供するブログ」様より引用

五十肩と言うのは現在の医学的では原因不明の肩周辺の炎症により痛みを出しているもの。

とされていることをご存知ですか? 病院でドクターに「五十肩ですね。」と診断を受けることは「原因は分からないけれども肩周りに炎症症状が起っていますね。」ということなのです。

原因不明とは言いいつも肩に炎症が起きているので肩の負担が大きくなってしまうのはもちろん良くありません。

いまだにはっきりとは解明されていない四十肩・五十肩ですが、 要因として方周辺組織(筋肉や靭帯・腱)が硬くなったり組織が癒着を起こする事で起きやすくなると考えられています。

そもそも炎症と言うとあまりいいイメージを持たれていない方が多いかと思われますが、身体にもともと備わっている自然治癒力の1つであり、身体を治そうとする力の1つなのです。

では、なぜ炎症が起こるのか? それは「負担が溜まっているから身体は炎症反応を起こして治そうとしているのです。」 簡単に言うと負担が溜まってしまったのですね。

そして、負担が溜まってしまうのには姿勢が大きく関係しています。

姿勢悪く背中が丸くなってしまうと肩が内側に入ってしまうようになります。
これを「巻肩」といい、本来は肩を動かすのに2や3程度の負担(労力)で済むものが「巻肩」となっていることで5や6、場合によっては8や9などの負担となってしまうのです。

1日の中で、携帯電話を取ろうと手を伸ばす、タオルを取ろうと手を上げる、運転中のハンドル操作の為に両手を前に出す。

こんな簡単な動作の積み重ねで肩に少しずつ負担を貯筋してしまい、、、 肩が限界だ!・・・と炎症を起こしてしまうのですね。

それだけではなく体のバランスが崩れていることで人間本来持っている回復力が発揮されずに治癒が遅くなってしまう人も多いのです。

私がお話を聞いた方の中ですと、長くかかる方で1年以上痛みが治まらずに痛みや生活の中で肩が動かせない事による不便さを抱えながら生活をされていたと言う方もいらっしゃいました。

本当に辛かったと話してくれたのがとても心に残っています。 原因が分かっていない「四十肩・五十肩」、なってしまってからでは本当に大変だという話ばかりです。

痛めてしまう前の身体のケア・メンテナンスの意識をお持ちいただけると柔道整復師としてとても嬉しく思います。

広瀬接骨院では身体のメンテナンスや注意点など、四十肩・五十肩に関する知識も皆様へお伝えしていますので、お困りの方や不安な方はお気軽にご連絡・ご相談下さい。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

群馬県前橋市の腰痛
むち打ち専門接骨院


【広瀬接骨院】
 完全予約制

371-0812 群馬県前橋市広瀬町2-10-1
☎027-263-8881

【月~金】
9:00~12:00 15:00~19:30

(※但し自賠責保険を用いての患者様は20:30まで 完全予約です。)

 【土】
9:00~12:00
 【土曜午後・日・祝】休診

※予約・お問い合わせは上記の時間内にお願いします。

前橋市 広瀬接骨院の公式HPはコチラ

前橋市 広瀬接骨院の交通事故専門Hpはこちら

前橋市口コミ1位の広瀬接骨院のエキテンサイトはコチラ 

ママに優しい産後骨盤矯正院・産後骨盤認定矯正院 広瀬接骨院 ママテンはこちら 

お問い合わせは027-263-8881
オンライン予約はこちらから